メイン画像

ホームホーム > 研究の実施にあたって > 研究資金による臨時職員の雇用

研究資金による臨時職員の雇用

臨時職員を採用するにあたって

補助的業務などのために、期間を定めて臨時職員を雇用することができます。
一般的に「アルバイト」という呼称が用いられていますが、「臨時職員」が正式な名称です。法律上は、労働者として、専任教職員と同様に労働関係の法律、厚生労働省通達等が適用されます。義塾の学生を雇用する場合も同様です。悪質な違反がなされた場合には、義塾が告発されることもありますので、臨時職員を雇用する際には、必ず『臨時職員ハンドブック』をお読みいただき、諸事項にご留意ください。

臨時職員ハンドブック

臨時職員採用関連書類

採用の際に提出いただく書類は、下記の通りです(こちらからダウンロードできます)。

  • 全員が提出
    1. 臨時職員(アルバイト)申請書
    2. 履歴書(書式は任意。義塾の学生は不要)
    3. 扶養控除等(異動)申告書(1・2頁を両面印刷して下さい)


  • 対象者のみ提出
    1. 健康保険組合 被扶養者申請書
    2. 年金手帳
    3. 雇用保険被保険者証


  • 外国籍の方のみ提出
    1. 在留資格等届出書
    2. 在留カードの写し
    3. 資格外活動許可(在留資格が留学・文化活動など原則就労不可のものの場合)

※給与振込口座の登録、通勤交通費の補助申請は、採用申請後にシステム上で行います。(対象者のみ。義塾の学生は原則通勤交通費を支給いたしません)
※雇用条件などにより、上記以外の書類が必要な場合があります。
※各書類の「所属」欄は、「日吉学術研究支援課」です。勤務先(各研究室等)とは異なります。
※勤務場所はキャンパス内となります。キャンパス外で勤務する必要がある場合にはあらかじめご相談ください。
※採用される臨時職員の方には、「アルバイト勤務をされる皆様へ」を渡し、必ずご一読いただくようお願いします。
「雇用契約書」を取り交わしますが、その際にご本人に直接ご説明すること・お渡しするものがありますので、学術研究支援課まで来て頂くことになります。(契約書は2部に署名・捺印のうえ、1部が臨時職員ご本人保管となります)

勤務表

  • 勤務管理システム(平成29年11月勤務分より)
  • 平成29年11月勤務分より、臨時職員の勤務表は紙による提出を廃止し、臨時職員勤務管理システムによる勤怠申請へ全面移行しました。期限までにシステム上にて承認者(資金責任者)の承認を完了させてください。毎月の締切日は、学術研究支援課からお知らせします。締切日までに入力・承認操作いただけない場合は、支給日に給与を支払うことができませんので、ご留意ください。


研究資金による研究員の任用

教員系スタッフ(特任、研究員)任用の場合

日吉学術研究支援課では取り扱いができません。所属の学部・研究科・研究所の窓口にご相談ください。